「トランスクルージョン」の版間の差分

JIS規格に合わせ長音符削除
(JIS規格に合わせ長音符削除)
'''トランスクルージョン'''([[英語|英]]: '''Transclusion''')とは、[[参照 (情報工学)|参照]]によってある文書を別の文書に含有させること。これは、置換[[テンプレートエンジン|テンプレート]]の機能である。動詞形は'''トランスクルード'''(英: '''Transclude''')。
 
[[テッド・ネルソン]]の[[ザナドゥ計画]]などの[[ハイパーテキスト]]システムは、トランスクルージョンをサポートしている。例えば、ある国に関する記事には、別の農業に関する記事にあるその国の農業関連の図や文章をエクスポートしたものが含まれることがある。このとき、そのデータをコピーして2カ所に別々に格納するのではなく、トランスクルージョンによる[[モジュラ設計]]で格納箇所は1カ所でありながら、別の文脈から見えるようにできる。この参照は両方の記事をリンクする役目も持つ。
 
「トランスクルージョン」という用語はネルソンが作ったもので、「ハイパーテキスト」や「[[ハイパーメディア]]」という用語と共に『リテラリーマシン』という著書で使われた。彼の提案は、文書の内容の断片が様々な場所からとられていても、[[マイクロペイメント]]によって文書の読者全てから正確かつ自動的に代金を徴収できるという考え方が含まれていた。
44

回編集