「C-101 (航空機)」の版間の差分

JIS規格に合わせ長音符削除
m
(JIS規格に合わせ長音符削除)
[[1975年]]9月、スペイン空軍のジェット練習機として開発が始まり、[[1976年]]にCASA社が公式に開発契約を結んだ。契約に「1978年末までに原型機4機の製造、1500時間の飛行試験を完了すること」などがあるため、CASA社はドイツの[[メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム|MBB]]社とアメリカの[[ノースロップ]]社に機体の一部設計を委託した。
 
座席は後席が一段高い縦列複座、主翼はほぼ直線翼に近い低翼、ターボファンエンジン、胴体は両側面に空気取り入れ口、後部はエンジン上方でブーム状になり垂直尾翼続いている。また、整備を簡単にするために機体各部は[[モジュール|モジュラ]]構造になっている。
 
原型機XE-25はが1977年6月27日に初飛行し、1978年4月17日には4機がスペイン空軍に引き渡された。1980年3月17日よりE.25の名称で、量産型の引き渡しが開始された。
44

回編集