「BASIC/98」の版間の差分

JIS規格に合わせ長音符削除
(JIS規格に合わせ長音符削除)
コンパイラ版は、コンパイルを[[コマンドラインインタプリタ|コマンドライン]]から行なう。ユーザは、これにより、機械語化されたプログラムを配布できる。
 
文法の拡張は、[[構造化プログラミング]]、及び[[モジュラプログラミング]]に関するものが主となっている。構造化プログラミングのサポートとしては、行分け[[if文|IF文]]、SELECT文([[C言語]]の[[switch文]]に相当)などがある。モジュラプログラミングのサポートとしては[[ローカル変数]]と[[引数]]を持つ[[サブルーチン]]、[[サブルーチン#関数|関数]]などがある。
 
==MS-Windows版==
44

回編集