「武田観柳斎」の版間の差分

編集の要約なし
'''武田 観柳斎'''(たけだ かんりゅうさい、[[天保]]元([[1830年]])頃不詳 - [[慶応]]三年[[6月22日 (旧暦)|6月22日]]([[1867年]][[7月23日]]))は、[[出雲国]]母里出身の[[新選組]]隊士。五番隊組長、兵学・文学師範、軍事方(軍奉行)本名を福田廣。諱は徳裕。[[甲斐国|甲斐]][[武田氏]]に因んで「武田観柳斎」を称した
本名は福田廣。徳裕とも。
 
==略歴==
[[出雲国|出雲]][[母里藩]]士の子息として生まれる。母里では医学生であったと伝わる。脱藩後は[[江戸]]へ行き、[[甲州流軍学]](長沼流)を修める。
脱藩ののち江戸に出向き、[[甲州流軍学]]を学ぶ。[[甲斐国|甲斐]][[武田氏]]にちなみ、「武田観柳斎」を名乗るようになる。
 
[[文久]]3年([[1863年]])冬ころ入隊加盟。軍学者として[[近藤勇]]に重用され、翌[[元治]]元年([[1864年]])には副長助勤として幹部に抜擢される。[[池田屋事件]]では、[[古高俊太郎]]を捕縛するなどの功により褒賞金20両を賜り、[[禁門の変]]や[[明保野亭事件]]、また、[[永倉新八]]や[[斎藤一]]らが近藤の専横を非難した際には仲裁をつとめるなど、軍才を背景に存在感を示している
 
五番組長や兵学・文学師範、軍事方(軍奉行)をつとめ、甲州流軍学による調練を担当したが、やがて洋式調練が採用されたことによって影響力を失なってゆく。その後、[[伊東甲子太郎]]や[[薩摩藩]]との接触を企てるなど、不穏な行動を示し始めたと伝わる。慶応3年(1867年)[[6月22日]]、除隊する武田の送別会の後、京都郊外の[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]]銭取橋にて暗殺されたと伝わる。
同年[[6月5日]]の[[池田屋事件]]の際、武田らは[[長州藩|長州]]人などの潜伏浪士に便弁を図っていた[[古高俊太郎]]を捕える。その後近藤隊に属し、池田屋の周囲を固めた他、戦闘時は[[土佐国|土佐]]浪士・[[大秋鼎]]を斬殺し、褒賞金を賜っている。[[7月19日]]の[[禁門の変]]では、軍事方として戦略担当幹部となり、天王山攻略などで甲州流軍学を発揮した。
 
==備考==
[[慶応]]元年([[1865年]])の組織再編で五番隊組長になる。
*巧みな弁舌で近藤などに媚びへつらうなど、武田に対して嫌悪を示す隊士も少なくなかったとされる。
 
*武田は男色家であったという説があり「武田が隊中美男五人衆のひとり・[[馬越三郎]]を追い掛け回した結果、馬越が土方除隊性的関係申し出た」という迫る話が伝わっているが、これは[[子母澤寛]]の「新選組物語」に登場するエピソードであり、フィクションとする見方が強い。
隊では甲州流軍学をふるい隊士の訓練を行っていたが、その巧みな弁舌で幹部連中に媚びへつらう姿に嫌悪感を示す隊士も少なくなかったという。その後、新選組が幕府に準えて洋式調練を取り入れたことにより、武田の軍学は徐々に時代遅れのものとなっていった。
*武田暗殺には斎藤一、[[篠原泰之進]]が関与したと伝わるが、当時の斎藤らは[[御陵衛士]]に加盟しているため別人の可能性もある。後日、隊士の[[加藤羆]]が武田に同心した咎により[[切腹]]させられている。
 
隊内での立場を失った武田は、脱退を図って[[伊東甲子太郎]]に接近したり、倒幕派である[[薩摩藩]]との接触も企てるなどした。しかしそれらの行動を近藤や[[土方歳三]]らに看破される。
 
慶応3年(1867年)[[6月22日]]、除隊を申し出た武田の送別会と称し、近藤が宴を開いた。しかしこれは、無論武田[[暗殺]]の宴であった。宴の後、[[斎藤一]]、[[篠原泰之進]]が武田を送ることになり、伏見[[薩摩藩]]邸に共に向かった。途中[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]]銭取橋で斎藤一によって暗殺された(この暗殺者には諸説あり、当時斎藤らは[[御陵衛士]]に加わっており、暗殺したのは別の隊士の可能性もある)。後日、[[加藤羆]]という隊士が武田観柳斎に同心したとして、[[切腹]]させられている。
 
==エピソード==
武田は男色家であったという説があり、「武田が隊中美男五人衆のひとり・[[馬越三郎]]を追い掛け回した結果、馬越が土方に除隊を申し出た」という話が伝わっているが、これは[[子母澤寛]]の「新選組物語」に登場するエピソードであり、フィクションとする見方が強い。
 
==演じた俳優==
匿名利用者