「ガラパゴス化」の版間の差分

編集の要約なし
m (要出典範囲テンプレートを追加)
{{出典の明記|date=2009年1月}}
'''ガラパゴス化'''(がらぱごすか)とは、生物の世界でいう[[ガラパゴス諸島#進化論|ガラパゴス諸島における現象]]のように、技術やサービスなどが[[日本]]市場で独自の[[進化]]を遂げて[[世界標準]]から掛け離れてしまう現象のことである<ref name="nomura">『「ガラパゴス化」する日本』</ref>。{{要出典範囲|ただし、生物学的には「ガラパゴス諸島の特殊な[[進化]]」はそれ以外の多くの地域での進化に比べて否定的にとらえられる存在ではない(そもそも進化はみな生物が置かれた環境に対して適応した結果で、ある種の進化とそれとは別の環境に住むある種の進化に優劣を見出すこと自体が進化の考え方になじまない。詳しくは[[進化]]の項目の[[進化#進化に関する誤った理解]]を参照のこと)|2009年6月20日 (土) 10:33 (UTC)}}
 
==ガラパゴス化が起きる理由==
[[野村総合研究所]]の『「ガラパゴス化」する日本』では以下のように示されている。
#高度な[[ニーズ]]にもとづいた製品・サービスの市場が日本国内に存在する。
#一方、諸外国では、日本国内とは異なる品質や機能要求水準の低い市場が存在する。
#日本国内の市場が高い要求にもとづいた独自の進化をとげている間に、諸外国では要求水準の低いレベルで事実上の標準的な仕様が決まり、拡大発展する(製品の水準が低いレベルにとどまるとしても、世界的な多数派になることでより高水準な日本市場向け製品を[[規格争い]]で圧倒しうる)。
 
また、国際的な規格(特に[[デジュリスタンダード]])の制定作業は当然世界的な枠組みの中で行われるため、多くの場合、使用言語は[[英語]]となるが、言葉の壁、文化的な壁により、日本発の規格が国際規格となることは少ない(逆に、国際規格に取って代わられる場合が多い)。言葉の問題が少ない日本人は逆に国際経験が長いために、国内的には力がない場合が多いという日本社会の問題もこの傾向を助長している。
 
さらに、世界標準に置き去りにされたとしても、世界標準のものに満足しない日本のユーザーのみを相手として十分やっていけるため、日本企業がガラパゴス化に危機感を感じないという問題も指摘されている([[パラダイス鎖国]])。
 
==例==
==関連項目==
*[[日本人論]]
*[[日本文明]]
*[[パラダイス鎖国]]
 
匿名利用者