「設備管理」の版間の差分

m
小加筆
m (小加筆)
 
==概要==
科学的に実証された[[設備管理標準]]を定めて行う科学的管理がには、信頼性確保・[[省エネルギー]]・省力化のなど矛盾する要素を満足させるために科学的に実証された[[管理標準]]を定めて行う科学的管理が求められている。また、故障してから整備を行う事後保全から、不調を事前に予知して行う予防保全、機器の仕様・生産過程にまでさかのぼる生産保全が行われるようになっている。
 
設備管理は当該設備に合った[[設備士]]に行われるが、近年は遠隔計測・自動調整によって[[省人化]]が行われるようになっている。
 
したがって、関わる人間により合理的な運用方法や効果的な改修提案を行うことも求められている。
7,158

回編集