「吉田文三郎」の版間の差分

旧暦換算
(旧暦換算)
 
== 初代 ==
(生年不詳 - [[宝暦]]10年[[1月19日 (旧暦)|1月19日]]([[1760年]][[13196日]]))[[浄瑠璃作者]]としても著名で初代[[吉田冠子]]の名を名乗った。
 
[[大坂]]の生まれ、父は吉田流の元祖の初代[[吉田三郎兵衛]]。幼名を八之助。幼少から父を陶酔し[[1717年]]に「[[国性爺後日合戦]]」の錦舎役で初舞台を踏む。
 
== 2代目 ==
([[享保]]17年([[1732年]]) - [[寛政]]2年[[12月4日 (旧暦)|12月4日]]([[1791年]][[12148日]]))
 
大阪の生まれ、祖父は初代三郎兵衛、父は初代文三郎。弟に2代目文吾。初名を初代文吾、後に2代目三郎兵衛を経て、[[1761年]]に2代目文三郎を襲名。
 
== 3代目 ==
(生年不詳 - [[文政]]12年[[1月7日 (旧暦)|1月7日]]([[1829年]][[12710日]]))
 
大阪の生まれ、2代目文三郎の門弟。初名を初代[[吉田千四]]。[[1779年]]に竹本座が初舞台。[[1806年]]に座頭。[[1821年]]に3代目文三郎を襲名。