「当事者主義」の版間の差分

→‎日本の刑事訴訟: 「被告」→「被告人」の修正
m
(→‎日本の刑事訴訟: 「被告」→「被告人」の修正)
 
=== 日本の刑事訴訟 ===
[[刑事訴訟]]における当事者主義とは,訴訟追行の主導権(審判対象の設定、[[証拠]]の提出)を当事者([[被告]]、[[弁護人]]、[[検察官]])に委ねる建前をいう。なお民事訴訟において見られるような当事者主義は修正され、刑事の場合には徹底されているとはいえない。
 
現行[[刑事訴訟法]]は、[[適正手続の保障]]に重きを置いているといわれる。この発想からは、職権主義を広く認め、裁判官が積極的に主導的役割を担うのであれば、自ら証拠を収集し事実を追求する者が、同じく判断者を兼ねることとなり、自己の追求した線に沿った判断をしてしまう危険も否めないと考えることとなる。これを避けるためには、むしろ当事者に証拠を収集・主張立証させ、裁判所は,公平中立な判断者に徹する方が誤りのない判断を下すことができることとなる。
匿名利用者