「垂直」の版間の差分

編集の要約なし
[[Image:Perpendicular-coloured.svg|thumb|right|250px|線分ABと線分CDがなす角(青で示される角とオレンジで示される角)は各々直角であるため、線分ABと線分CDは垂直である。]]
'''垂直'''(すいちょく、perpendicular)とは、二つの幾何学的対象のなす[[角度|角]]が直角であること。また、垂直に交わることを[[直交]]すると<!--言い、垂直だが交わらないとき、それらは'''捩れの位置'''にあると--><!--垂直でなくても良かったかもしれない-->言う。垂直であることを[[垂直記号]] "⊥" を用いてあらわす。慣用的に[[鉛直]]のことを垂直ということも多いが、[[http://ja.wiktionary.org/wiki/水平]] 水平面]に対して垂直であることが鉛直の原義である。
 
最も単純な場合、交わる 2 直線を ''l'', ''m'' とし、''l'', ''m'' の交点を ''O'' とする。直線 ''l'' 上の ''O'' と異なる任意の一点を ''P''、直線 ''m'' 上の ''O'' と異なる任意の一点を ''Q'' とするとき、
匿名利用者