「KML」の版間の差分

OGC規格化を記述し、「KML文書」というセクションを独立させた。
(OGC規格化を記述し、「KML文書」というセクションを独立させた。)
'''KML'''(けいえむえる、'''K'''eyhole '''M'''arkup '''L'''anguage)は、アプリケーション・プログラムにおける三次元[[地理空間情報]]の表示を管理するために開発された、[[Extensible Markup Language|XML]]ベースの[[マークアップ言語]]である(''Keyhole''という語は、後に[[Google Earth]]となるソフトウェアの旧名である。このソフトウェアは元々[[Keyhole社]]によって開発されたが、2004年に[[Google]]に買収された。"Keyhole"という語は、実際には30年前に開発された元祖「宇宙の眼」の軍事偵察システムである[[偵察衛星]][[Corona|KH]]に因む)。
 
2008年4月にKML2.2版は、そのまま[[Open Geospatial Consortium, Inc]] (OGC)という地理情報の[[オープンソース]]化を目指す団体の規格にOGC KMLとして取り入れられた<ref>[http://www.opengeospatial.org/standards/kml/ OGC KML]</ref>。この時点でKMLは何か他の語の略語ではないものとされ、Keyhole Markup Language は旧称との扱いとなった。
KMLファイルには、Google Earthや[[Google Maps]]、[[Google Mobile]]で表示する要素(目印、イメージ、ポリゴン、3Dモデル、説明など)を記述する。
 
==KML文書==
 
KMLファイルに文書テキスト形式で、Google Earthや[[Google Maps]]、[[Google Mobile]]で表示する要素(目印、イメージ、ポリゴン、3Dモデル、説明など)を記述する。
各地点は、常に[[緯度]]・[[経度]]情報を持つ。
それ以外に、"カメラ・ビュー"を構成するのに必要な[[ティルト]]、カメラの向き、高度など、より詳細なデータを記述することもできる。
KMLで記述された情報の一部は、Google MapsやGoogle Mobileで表示することができない[http://maps.google.com/support/bin/answer.py?answer=41136&topic=1475]。
 
KMLファイルは、.kmlという拡張子を持つ[[テキストファイル]]であり、しばしば[[データ圧縮|ZIPで圧縮]]された.kmzという拡張子を持つ'''KMZ'''ファイルとして頒布されることが非常に多い
KMZファイルを解凍すると、"doc.kml"というファイルが一つと、そのファイル中で参照されているオーバーレイ用のイメージ・ファイルやアイコン用のイメージファイルなどが出てくる。