「トロール船」の版間の差分

画像の追加 本文加筆・改筆
m (ロボットによる 変更: en:Fishing trawler)
(画像の追加 本文加筆・改筆)
[[画像:togariTrawler_Skagen_harbour.jpg|thumb|right|200px250px|アイスラマークの近代的トロール船]]
'''トロール船'''(トロールせん、[[英語]] trawler・希にtrawling ship)とは[[トロール網]]を使用した漁業のための[[漁船]]のこと。トロール網は[[漁網]]の一種で、海底や調定された深度をさらうものである。なお、トロール船の呼称は、トロール船とよく似た形状の[[プレジャーボート]]にも使われる。
 
 
==歴史==
[[画像:togari.jpg|thumb|right|200px|アイスランドの近代的トロール船の船尾ランプ ここよりトロール網を繰り出す]]
[[中世]]において、[[デヴォン州]]の[[ブリックスハム]]は[[イングランド]]南西部で最大の漁港であり、一時イングランド全体で最大の漁港であった。このブリックスハムはトロール船が発明された港としても有名である。19世紀にブリックスハムで発明されたトロール船は世界中で模倣され、各地の漁船団に影響を与えた。ブリックスハムの特徴的なトロール船は「Torbay Lass」(訳注:[[トーベイ]]([[:en:Torbay|en]])の娘っ子というほどの意か)としてよく知られ、その姿に触発された「レッドセイル・イン・サンセット」([[:en:Red Sails in the Sunset (song)|en]])という曲もある。ブリックスハムは「深海漁師の母」としても知られ、そのトロール船は沿岸中で操業して[[ハル(イギリス)|ハル]]、[[グリムズビー]]、[[ローストフ]]の水産業の発展に寄与した。1890年代の同地にはおよそ300隻のトロール船があって、それらの大部分は船主が船長を兼ねていた。
[[中世]]において、[[デヴォン州]]の[[ブリックスハム]]は[[イングランド]]南西部で最大の漁港であり、トロール船が発明された港としても有名である。ブリックスハムはイングランド全体で最大の漁港であった。
 
[[中世]]において、[[デヴォン州]]の[[ブリックスハム]]は[[イングランド]]南西部で最大の漁港であり、一時イングランド全体で最大の漁港であった。このブリックスハムはトロール船が発明された港としても有名である。19世紀にブリックスハムで発明されたトロール船は世界中で模倣され、各地の漁船団に影響を与えた。ブリックスハムの特徴的なトロール船は「Torbay Lass」(訳注:[[トーベイ]]([[:en:Torbay|en]])の娘っ子というほどの意か)としてよく知られ、その姿に触発された「レッドセイル・イン・サンセット」([[:en:Red Sails in the Sunset (song)|en]])という曲もある。ブリックスハムは「深海漁師の母」としても知られ、そのトロール船は沿岸中で操業して[[ハル(イギリス)|ハル]]、[[グリムズビー]]、[[ローストフ]]の水産業の発展に寄与した。1890年代の同地にはおよそ300隻のトロール船があって、それらの大部分は船主が船長を兼ねていた。
 
イングランドにおける最大のトロール漁港は、北東部にある前述の[[ヨークシャー州]]のハル(キングストン・アポン・ハルとも)である。1970年代からは[[スコットランド]]北東の[[ピーターヘッド]]がヨーロッパ最大のトロール漁港となっていた。1980年代の最盛期には、500隻のトロール船がピーターヘッドを母港とし、それぞれが一週間の漁労を行っていた。しかし、ここ数十年は乱獲を防ぐために漁船数と水揚げ量に制限が加えられたため、ピーターヘッドはかなり衰退してしまった。
 
==軍用艦艇としてのトロール船==
[[第一次世界大戦]]および[[第二次世界大戦]]中、多くのトロール船が徴用され[[掃海艇]]として使用された。これは掃海具を海中に投入し曳航するという掃海活動がトロール船の漁法に似ており、トロール船の設備が転用出来るほか、乗組員もある程度作業に馴れていたからである。
 
これらの徴用掃海艇は哨戒任務にも従事し、イギリス等では[[第二次世界大戦]]時に建造した「掃海艇としての能力を持つ近海用哨戒艇」の艦種区分の一つに「哨戒トローラー(Patrol trawler)」もしくは単に「トローラー」という名称をつけている。無論これには「漁船」としての装備も能力もないが、「哨戒トローラー」の中には、戦後民間に払い下げられて漁船に改装され、名の通りの「トロール船」になったものもあった。
[[冷戦|冷戦期]]には、いくつかの国がトロール船に電子機器を積んで[[スパイ船]]に仕立て、敵国の電子情報の収集([[シギント]])にあたった。
 
[[冷戦|冷戦期]]には、いくつかの国がトロール船に電子機器を積んで[[スパイ船]]に仕立て、敵国の電子情報の収集([[シギント]])にあたった。特に、[[ソビエト海軍]]は漁船として建造されたものを改造したのではなく、最初から“一見漁船のような外観”の「電子情報収集艇」を建造し、世界各地で情報収集任務に当たらせている
イングランドにおける最大のトロール漁港は、北東部にある前述の[[ヨークシャー州]]のハル(キングストン・アポン・ハルとも)である。1970年代からは[[スコットランド]]北東の[[ピーターヘッド]]がヨーロッパ最大のトロール漁港となっていた。1980年代の最盛期には、500隻のトロール船がピーターヘッドを母港とし、それぞれが一週間の漁労を行っていた。しかし、ここ数十年は乱獲を防ぐために漁船数と水揚げ量に制限が加えられたため、ピーターヘッドはかなり衰退してしまった。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者