「小錦下」の版間の差分

m
m (→‎叙位された人物: 舎人糠虫リンク修正)
m (→‎叙位された人物: もう一箇所)
天武天皇12年([[683年]])には、諸国の境界を確定するため、[[諸王五位]]の[[伊勢王]]に従って、小錦下の[[多品治]]と[[中臣大島]]らが巡行に出た。天武天皇13年([[684年]])には、[[三野王]]に従って小錦下の[[采女筑羅]]が[[信濃国|信濃]]の地形を見分した。
 
以上は何らかの事件に付随して人名・冠位が現れたものだが、『日本書紀』の中には小錦下を授けられたことだけが記された例がある。小錦下への到達それ自体に重要性を認めたものである。天武天皇9年([[680年]])の[[朴井子麻呂]]、翌年の[[田中鍛師]]、[[柿本猿]]、[[田部国忍]]、[[高向麻呂]]、[[粟田真人]]、物部麻呂([[石上麻呂]])、[[中臣大島]]、[[曾禰韓犬]]、[[書智徳]]と無名の10人、さらにその翌年の[[人糠虫]] がその例である。
 
さらに、『[[続日本紀]]』の記事から、[[文成覚]]が[[壬申の乱]]での功績により死後[[贈位]]によって小錦下になったことが知られる<ref>『続日本紀』[[霊亀]]2年([[716年]])4月8日条。[[天平宝字]]元年([[757年]])12月9日条。</ref>。[[尾張馬身]]も壬申の功臣だが、生前に小錦下になった<ref>『続日本紀』天平宝字2年([[758年]])4月19日条。</ref>。[[坂合部石敷]]も同じである<ref>『続日本紀』天平宝字元年(757年)12月9日条。</ref>。
27,957

回編集