「長尾憲景」の版間の差分

編集の要約なし
(微修正)
総社長尾顕忠(またはその庶流、高津[[長尾顕景]])の子で、白井[[長尾景誠]]の養子となり、景誠の横死後に[[長野業正]]の斡旋で当主となる。初め景房を称して主君[[上杉憲政]]の偏諱を受け、憲景と改名した。[[永禄]]10年([[1567年]])、甲斐の[[武田信玄]]の上野侵攻で、白井の所領を失い、越後の[[上杉謙信]]の許へ逃れた。その後は謙信に従って各地を転戦したが、[[元亀]]3年([[1572年]])、[[真田幸隆]]に白井城を攻められ、[[八崎城]]に逃れた。
 
この際、次男輝景に家督を譲った。翌年、越相同盟が結ばれ、上野への諸将の影響力が薄まったために白井城に戻る。謙信死後は[[御館の乱]]で[[上杉景虎]]に与したため、乱後は[[武田勝頼]]、[[滝川一益]]、[[後北条氏]]に仕えた。
 
{{Japanese-history-stub}}
匿名利用者