「1919年ウィンブルドン選手権」の版間の差分

Chambers: チェンバースへ移動変更
(参考文献の原書名)
(Chambers: チェンバースへ移動変更)
== 大会前年度優勝者 ==
* 男子シングルス:{{flagicon|Australia}} [[ノーマン・ブルックス]]
* 女子シングルス:{{flagicon|United Kingdom}} [[ドロテア・ダグラス・チンバース]]
* 男子ダブルス:{{flagicon|Australia}} [[ノーマン・ブルックス]]&{{flagicon|New Zealand}} [[アンソニー・ワイルディング]] [ペアの1人、ワイルディングが第1次世界大戦で戦死]
 
 
=== オールカマーズ決勝 ===
* {{flagicon|France}} '''[[スザンヌ・ランラン]]''' vs. {{flagicon|United Kingdom}} [[ドロテア・ダグラス・チンバース]] 10-8, 4-6, 9-7 (ランランが本大会の優勝者になる)
 
== 決勝戦の結果 ==
* 男子シングルス:{{flagicon|Australia}} [[ジェラルド・パターソン]] vs. {{flagicon|Australia}} [[ノーマン・ブルックス]] 6-3, 7-5, 6-2 [オールカマーズ決勝]
* 女子シングルス:{{flagicon|France}} [[スザンヌ・ランラン]] vs. {{flagicon|United Kingdom}} [[ドロテア・ダグラス・チンバース]] 10-8, 4-6, 9-7 [オールカマーズ決勝]
* 男子ダブルス:{{flagicon|Australia}} [[パット・オハラウッド]]&{{flagicon|Australia}} [[ロナルド・トーマス]] vs. {{flagicon|United Kingdom}} [[ランドルフ・ライセット]]&{{flagicon|Australia}} [[ロドニー・ヒース]] 6-4, 6-2, 4-6, 6-2 [チャレンジラウンド決勝]
* 女子ダブルス:{{flagicon|France}} [[スザンヌ・ランラン]]&{{flagicon|United States}} [[エリザベス・ライアン]] vs. {{flagicon|United Kingdom}} [[ドロテア・ダグラス・チンバース]]&{{flagicon|United Kingdom}} [[エセル・トムソン・ラーコム]] 4-6, 7-5, 6-3
* 混合ダブルス:{{flagicon|United Kingdom}} [[ランドルフ・ライセット]]&{{flagicon|United States}} [[エリザベス・ライアン]] vs. {{flagicon|United Kingdom}} アルバート・プレブル&{{flagicon|United Kingdom}} [[ドロテア・ダグラス・チンバース]] 6-0, 6-0
 
== 外部リンク ==
24,187

回編集