「天復 (唐)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''天復'''(てんふく)は、[[中国]]・[[唐]]の[[昭宗 (唐)|昭宗]]の治世で用いられた[[元号]]。901年4月-904年閏4月,907年9月。
 
[[呉 (十国)|呉]]の[[楊行密]]も、建国後に天復の年号を用いている。また、[[前蜀]]の[[王建 (前蜀)|王建]]も[[907年]]に唐が滅亡すると、簒奪を起こした[[朱全忠]]主導下で行われた[[天祐 (唐)|天祐]]改元をも遡って否定して、この年を天復7年と称した。
 
{{ウィキプロジェクトリンク|紀年法}}
匿名利用者