メインメニューを開く

差分

== 侵食作用による地形 ==
a[[圏谷]]
 
 圏谷とは、山地の屋根近くの谷頭に形成された安楽椅子状にくぼんだ谷地形で圏谷氷河の侵食でつくられたものである。典型的な圏谷では、谷頭と側方の急斜面は一般に崩壊し、谷底は氷河によって滑らかにけずられて[[盆地]]状をなし、盆地の出口には弓なりに延びる[[堤防]]状の[[モレーン]]や岩盤のしきいがある。[[日本]]では圏谷よりも[[ドイツ]]語の[[カール]](Kar)がよく使われている。1902年、当時の[[東京大学]]の[[地理学]]教室の創設者である[[山崎直方]]が[[飛騨山脈]]北部にカールを発見したことが、この言葉の普及の原因になったようである。([[山崎カール]])
 
bトラフ谷([[U字谷]])
17

回編集