メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== 学説 ==
平野は、師の[[小野清一郎]]が後期旧派の立場に立っていたことから、[[ドイツ]]の刑法学者[[ヴェルツェル]]の人的不法論を日本に紹介し、[[故意]]を主観的違法要素とする[[行為無価値]]論に賛成したこともあるが<ref>平野龍一「故意について」(法学協会雑誌67巻3号34頁、1949年)</ref>、後に改説して小野の学説を承継した[[団藤重光]]を徹底的に批判した。
 
平野の[[刑法学]]説の特徴は、刑法だけを考察の対象とし、そもそも犯罪の本質とは?という哲学的で抽象的な観念論から出発し、形式的な法違反を重視して、その違反者の道義的責任を問うという後期旧派の道義的応報刑論に対し、刑法のみならず民法その他の法律と同様に、刑法を社会統制の一手段とみて、[[刑事政策]]や他の隣接諸科学の成果を踏まえ、刑法の任務を実質的・機能的に考察するものといえる<ref>上掲『刑法総論Ⅰ』のはしがき</ref>。
匿名利用者