「高等学校教員」の版間の差分

編集の要約なし
|}
== 高等学校教員の免許状を取得する方法 ==
* 基本的には、[[教職課程]]がある[[大学]]において、必要な単位を修得する。
** 高等学校教員の[[教育職員免許状授与所要資格修得認定課程|養成課程]]が設置されている大学では、教育学部以外の一般の学部([[文学部]]、[[法学部]]、[[経済学部]]、[[工学部]]など)に在籍したまま4年間の在学期間中に履修出来るようになっている場合が多い。各学部の卒業に必要な単位がそのまま課程認定単位(「教科に関する科目」)となっている場合が多く、それに追加して[[教育実習]]等の「教職に関する科目」を履修するのが一般的である。
** 工業の教科の免許状については、特例により教育実習等の「教職に関する科目」を修得しなくても取得可能である(教育職員免許法・附則11。教科科目により代替可能)。ただし、大学や地域によっては特例を利用する場合であっても、教職科目の修得の努力が推奨されている場合もある。
* [[陸上無線技術士]]、[[海技士]]などの資格を有し、その分野における実務経験のある者については、[[教育職員検定]]にて取得することが出来る。
* 隣接校種([[中学校教員]])の普通免許状(ただし二種免許状を除く)を授与されている教員の経験者は、教育職員検定により取得することもできる。
* 同校種(高等学校教員)の普通免許状を授与されている者が他教科の免許状を取得する場合は、実務経験不要で教育職員検定にて免許状を取得することが出来る(ただし、取得する教科に応じた指導法や教科に関する単位を大学等で修得する必要がある)。
 
== 普通免許状の種類 ==
* 普通免許状の基礎資格
** 専修免許状='''[[修士]]'''の[[学位]]を有する者
** 一種免許状='''[[学士]]'''の学位を有する者
: ただし、学位は教育職員免許法第5条第1項「別表第1」適用時。
* 二種免許状は、現在、存在しない(養護教諭、栄養教諭を除く)<ref>但し、[[1954年]]あたりまでは二級免許状(現在の二種免許状に相当)が存在しており、当時その教職課程を設けていた[[短期大学]]が一部あった。</ref>。
 
=== 教科・科目 ===
* 教科(教育職員免許法)。
** 国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、工芸、書道、保健体育、保健、看護、看護実習、家庭、家庭実習、情報、情報実習、農業、農業実習、工業、工業実習、商業、商業実習、水産、水産実習、福祉、福祉実習、商船、商船実習、職業指導、外国語(英語、ドイツ語、フランス語その他の外国語に分ける。)及び宗教
 
* 科目(法に掲げる教科の領域の一部、文部科学省令に基づく)
** 柔道、剣道、情報技術、建築、インテリア、デザイン、情報処理、計算実務
 
{| class="wikitable"
| 二種
|}
 
=== 教科・科目 ===
* 教科(教育職員免許法)。
** 国語、地理歴史、公民、数学、理科、音楽、美術、工芸、書道、保健体育、保健、看護、看護実習、家庭、家庭実習、情報、情報実習、農業、農業実習、工業、工業実習、商業、商業実習、水産、水産実習、福祉、福祉実習、商船、商船実習、職業指導、外国語(英語、ドイツ語、フランス語その他の外国語に分ける。)及び宗教
 
* 科目(法に掲げる教科の領域の一部、文部科学省令に基づく)
** 柔道、剣道、情報技術、建築、インテリア、デザイン、情報処理、計算実務
 
=== 免許状を取得する方法 ===
* 基本的には、[[教職課程]]がある[[大学]]において必要な単位を修得して卒業する。
** 高等学校教員の[[教育職員免許状授与所要資格修得認定課程|養成課程]]が設置されている大学では、教育学部以外の一般の学部([[文学部]]、[[法学部]]、[[経済学部]]、[[工学部]]など)に在籍したままであっても、4年間の在学期間中に必要単位が履修出来るようになっている場合が多い。各学部の卒業に必要な単位がそのまま課程認定単位(「教科に関する科目」)となっている場合が多く、それに追加して[[教育実習]]等の「教職に関する科目」を履修するのが一般的である。
** 工業の教科の免許状については、特例により教育実習等の「教職に関する科目」を修得しなくても免許状の取得可能であとなっている(教育職員免許法・附則11。教科科目により代替可能)。ただし、大学や地域によっては特例を利用する場合であっても、教職科目の修得の努力が推奨されている場合もある。
* [[陸上無線技術士]]、[[海技士]]などの資格を有し、その分野における実務経験のある者については、[[教育職員検定]]を経て取得することが出来る。
* 隣接校種([[中学校教員]])の普通免許状(ただし二種免許状を除く)を授与されている教員の経験者は、教育職員検定により取得することもできる。
* 同校種(高等学校教員)の普通免許状を授与されている者が他教科の免許状を取得する場合は、実務経験不要で教育職員検定を受けて免許状を取得することが出来る(ただし、取得する教科に応じた指導法や教科に関する単位を大学等で修得する必要がある)。
 
== 関連項目 ==
183

回編集