「湛然」の版間の差分

編集の要約なし
俗姓は戚氏。生家は[[儒教]]を奉ずる家柄であったが、早くより仏教を志向し、17歳の時に仏教、とりわけ天台教義を修学し始めた。20歳の時に[[左渓玄朗]]に入門し、出家前にその奥義を受けた。
 
出家したのは、38歳の時であり、以後、更に研鑽に勤めた。[[天宝 (唐)|天宝]]13年([[754年]])に玄朗が没すると、その継嗣として、天台宗門の再興に尽力した。当時の[[華厳宗]]・[[法相宗]]・[[禅宗]]など、勢いの盛んな宗派に対抗し、盛んに講筵を張り、またその一方で述作にも専心した。よって、天台中興の祖と称せられる。
 
門弟子には、[[道邃]]・[[行満]]ら39名が数えられるが、道邃・行満の二人は、[[最澄]]に天台法門を伝えたことで知られる。
匿名利用者