「山南敬助」の版間の差分

編集の要約なし
'''山南 敬助'''(やまなみ けいすけ/さんなん けいすけ、[[天保]]4年([[1833年]]) - [[元治]]2年[[2月23日 (旧暦)|2月23日]]([[1865年]][[3月20日]]))は、[[新選組]]総長(副長)。[[陸奥国]](後の[[陸前国]])[[仙台藩]]出身。読みについては「やまなみ」という読みがあるが、本人の署名に「三南」「三男」などがあるため、'''さんなん'''の可能性が高い。また晩年は三南三郎を称していた。文武両道の人で特に学識があり、温厚な人柄であったという。「サンナンさん」と呼ばれ親しまれた。
 
== 生涯来歴 ==
 
=== 出自 ===
仙台藩を[[脱藩]]して、[[江戸]]に出たとされているが、仙台には山南もしくは三南という苗字はないため、確かな事は不明。[[小野派一刀流]]の免許皆伝で、後に[[北辰一刀流]]・[[千葉周作]]門人となる。
 
[[近藤勇]]の[[天然理心流]][[剣術]]道場[[試衛館]]に他流試合を挑み、相対した近藤に敗れる。この時、近藤の腕、人柄に感服し近藤を慕うようになる。以後、試衛館の門人同様に行動を共にする。試衛館には後の新選組幹部となる[[土方歳三]]や[[沖田総司]]、[[永倉新八]]らが集っていた。文久元年(1860年)8月、[[府中六所宮]]で行われた近藤勇の天然理心流四代目就任披露の野試合に赤軍として参加。翌文久2年正月には、[[沖田総司]]と共に[[小野路]]に剣術教授に出張している
=== 試衛館 ===
[[近藤勇]]の[[天然理心流]][[剣術]]道場[[試衛館]]に他流試合を挑み、相対した近藤に敗れる。この時、近藤の腕、人柄に感服し近藤を慕うようになる。以後、試衛館の門人同様に行動を共にする。試衛館には後の新選組幹部となる[[土方歳三]]や[[沖田総司]]、[[永倉新八]]らが集っていた。
 
文久元年(1860年)8月、[[府中六所宮]]で行われた近藤勇の天然理心流四代目就任披露の野試合に赤軍として参加。翌文久2年正月には、[[沖田総司]]と共に[[小野路]]に剣術教授に出張している。
 
=== 新選組 ===
文久3年([[1863年]])2月、[[将軍警護]]と[[尊皇攘夷|尊王攘夷]]を目的とする[[清河八郎]]発案の[[浪士組]]に近藤等と参加、上洛し[[壬生浪士組]]の一員となる。3月26日、隊内の覇権争いで[[殿内義雄]]を四条大橋で、近藤・[[芹沢鴨]]らとともに暗殺した。こうして近藤派と芹沢派の野合による[[覇権|ヘゲモニー]]となった壬生浪士組は、近藤、芹沢が局長となり、山南は近藤派として土方歳三とともに局長助(副長)に就任する(芹沢派からは[[新見錦]])。
 
尊王攘夷を目的に結成された浪士組だが、会津藩預かりとなり京の不逞浪士取締りに専念。文久3年7月頃、山南は土方と共に呉服商「岩城升屋」に押し入った不逞浪士数名を激しい戦闘の末に撃退。[[八月十八日の政変|8月18日の政変]]にも山南は参加し、2日後京に潜伏する長州系浪士を土方らと斬っている。
 
文久3年の9月、かねてより反目していた[[芹沢鴨]]らの暗殺に参加。浪士組は近藤派(試衛館派)によって統一され、組織再編で山南は[[総長]]に就任し、局長近藤、副長土方の間に位置する立場となった。しかしこの事件以降、後の脱走-切腹まで新選組の活動記録から山南の名は消える。[[元治]]元年6月の[[池田屋事件]]にも、参加していない。(病気説や屯所を守っていたという説がある。)元治元年([[1864年]])11月、[[伊東甲子太郎]]らが入隊。伊東は山南と同門の北辰一刀流で、熱烈な尊王攘夷論者、学識も高かった。伊東は山南よりも上位の参謀職に付き格別の待遇をうける。伊東の入隊により山南はその幹部としての立場を失っていく。
 
元治元年([[1864年]])11月、[[伊東甲子太郎]]らが入隊。伊東は山南と同門の北辰一刀流で、熱烈な尊王攘夷論者、学識も高かった。伊東は山南よりも上位の参謀職に付き格別の待遇をうける。伊東の入隊により山南はその幹部としての立場を失っていく。
 
=== 脱走 ===
元治2年(1865年)2月、山南は「江戸へ行く」と置き手紙を残し、新選組を脱走。新選組の隊規では脱走は死罪である。近藤と土方は、沖田を追っ手として差し向け、山南は[[近江国]][[大津市|大津]]で捕捉され、屯所に連れ戻された。
 
山南の脱走原因は諸説ある。[[西本願寺]]侍臣[[西村兼文]]によれば、山南を追い詰めたのは[[屯所]]移転問題だったとされる。[[壬生]]の屯所から西本願寺に移るというもので、隊士が増え手狭になったこともあるが、西本願寺は[[勤王]]の色濃く、[[長州藩]][[毛利家]]と関係が親密な寺であったため、土方は、一挙にその根を断とうと考えた。その為、寺側が移転中止を願っても頑として聞き入れなかった。勤王の志強い山南も強く反対したが、近藤、土方は全く取り合わなかった。相手にされなかった事に山南は怒り、遂に新選組との決別を決意させたと言われている。
脱走の背景に[[尊皇攘夷|尊王攘夷]]を目的に結成されながら、実際やっていることは志士の弾圧という新選組のありかたに疑問を感じていたとも言われる。後に離脱する伊東と密約があったともいわれている。平成10年に見つかった浪士文久報国記事(永倉新八 手記)より、元治元年(1864年)6月26日の警備を病気の為に屯所に引き込んでいた根拠ならび禁門の変について山南の事が一切書かれていない為、病に悩んでいた説もある。脱走では無かったと言う説もある。
 
=== 切腹 ===
試衛館以来の付き合いである幹部[[永倉新八]]や、伊東らに再度の脱走をすすめられるが、山南は死の覚悟を決めていた。永倉の配慮によって、山南が馴染みにしていた島原の天神[[明里]]が死の間際の山南の元に駆けつけ今生の別れを告げたという哀話が伝わっている(その永倉の手記「新撰組顛末記」や「浪士文久報国記事」などには明里についての記述はなく、子母沢寛の創作という可能性が高いとされている)
 
匿名利用者