「雲笈七籤」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
『'''雲笈七籤'''』(うんきゅうしちせん)は、[[中国]]・[[北宋]]代の[[道教]][[類書]]である。成立は[[真宗 (宋)|真宗]]の[[天禧 (宋)|天禧]]年間([[1017年]] - [[1021年]])で、撰者は張君房。当初は120巻であったが、現行本は122巻。
 
== 概要 ==
匿名利用者