「関東郡代」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
 
== 歴史 ==
[[徳川家康]]の関東入府の際に[[伊奈忠次]]を関東の[[代官頭]]に任じたことに始まり、その後12代200年間に渡って[[伊奈氏]]が世襲した。3代[[伊奈忠治|忠治]]より代官制度が整備され、関東郡代となる。1692年(元禄5年)[[飛騨高山藩]]領地が[[天領]]となった際には6代[[伊奈忠篤|忠篤]]が[[飛騨郡代]]も一時的に兼務した。
 
本来郡代は[[代官]]と同様に[[勘定奉行]]の支配下にあったが、[[1733年]]([[享保]]18年)8代[[伊奈忠逵|忠逵]]の代には[[勘定吟味役]]を兼任しており、関東郡代は[[老中]]の直属支配下に入ることになる。そのようなこともあり、関東郡代伊奈氏は他の郡代とは別格であった。
1,141

回編集