「ケイトンズヴィル事件の九人」の版間の差分

m
link
m (link)
彼らは[[1968年]]5月17日に[[メリーランド州]]の徴兵委員会を訪れ、378通の徴兵書類を駐車場へ運び、手製の[[ナパーム]]を浴びせて火をつけた。
 
9人は以下の人たちだった。
9人は以下の人たちだった。[[イエズス会]]司祭ダニエル・ベリガン。その兄弟でヨセフ会司祭フィリップ・ベリガン、デイビッド・ダースト修道士、ジョン・ホーガン修道士。芸術家のトム・ルイス。マージョリー・ブラッドフォード・メルヴィルと、その夫であるトーマス・メルヴィル。ジョージ・ミシュ。元修道女のメアリー・モイラン。
*[[イエズス会]]司祭ダニエル・ベリガン([[:en:Daniel Berrigan|en]])
*その兄弟でヨセフ会司祭フィリップ・ベリガン([[:en:Philip Berrigan|en]])
*デイビッド・ダースト修道士
*ジョン・ホーガン修道士
*芸術家のトム・ルイス([[:en:Thomas Lewis (activist)|en]])
*マージョリー・ブラッドフォード・メルヴィル
*その夫で元[[メリノール宣教会]]司祭トーマス・メルヴィル
*ジョージ・ミシュ
*元修道女のメアリー・モイラン
 
フィリップ・ベリガン神父とトム・ルイスは、これより前の、「バティモアの4人[[:en:Philip Berrigan#The Baltimore Four|en]]」事件の際に徴兵書類に血をかけて逮捕されており、「ケイトンズヴィル事件」の時には保釈中の身だった。
 
9人の事件はは1968年の10月5日から9日のあいだ、連邦裁判所で審理され、被告側弁護団の団長は[[ウィリアム・クンスラー]]が務めた。
 
彼らは米国政府の所有物の破壊、選抜徴兵局の書類の破壊、1967年の選抜徴兵法のへの妨害、を犯したとして有罪判決を受けた。