「根岸友山」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''根岸友山'''(ねぎし ゆうざん、[[文化 (元号)|文化]]6年[[11月27日 (旧暦)|11月27日]]([[1810年]][[1月2日]]) - [[明治]]23年([[1890年]])[[12月3日]])は[[壬生浪士組]]同士。後、[[庄内藩]][[新徴組]]取締役。本名、'''伴七'''。号を友山と言う。諱は信輔。[[北辰一刀流]]。
 
豪農[[根岸信保]]の長男として、[[武蔵国]][[大里郡]]甲山村(現・[[熊谷市]]冑山)に生まれる。剣術は[[千葉周作]]に学んだ。その後自宅で剣術や学問を教えたりしていた。
 
[[文久]]3年([[1863年]])、[[浪士組]]に参加。[[近藤勇]]、[[芹沢鴨]]らとともに[[京都]]に残る。その後、[[遠藤丈庵]]、[[清水五一]]らとともに「伊勢参詣」を理由に[[壬生浪士組]]を脱走して[[江戸]]に戻り、同年5月19日に庄内藩新徴組取締役(庄内藩と新徴組の連絡係)に就任するがすぐに退任。
455

回編集