「ケラトサウルス」の版間の差分

m
表の置き換えなど
m (ロボットによる 追加: ar:كيراتوسوريس)
m (表の置き換えなど)
{{生物_分類終了}}
{{生物_開始|pink|ケラトサウルス<BR>'''Ceratosaurus'''}}
|名称 = ケラトサウルス
{{生物_分類/恐竜}}
|画像= [[ファイル:Ceratosaurus_mounted.jpg|250px|ケラトサウルス]]
{{生物_分類|目|[[竜盤類|竜盤目]] [[:en:Saurischia|Saurischia]]}}
|画像キャプション = ケラトサウルス全身骨格
{{生物_分類|亜目|[[獣脚類|獣脚亜目]] [[:en:Theropoda|Theropoda]]}}
|地質時代 = [[ジュラ紀]]中期
{{生物_分類|下目|[[ケラトサウルス下目]]<BR> [[:en:Ceratosauria|Ceratosauria]]}}
|地質時代2 = 後期
{{生物_分類|科|[[ケラトサウルス科]]<BR> [[:en:Ceratosauridae|Ceratosauridae]]}}
|省略 = 恐竜上目
{{生物_属|'''ケラトサウルス'''<BR> ''[[:en:Ceratosaurus|Ceratosaurus]]''}}
{{生物_分類|目| = [[竜盤類|竜盤目]] [[:en:Saurischia{{sname||Saurischia]]}}
{{生物_分類終了}}
{{生物_分類|亜目| = [[獣脚類|獣脚亜目]] [[:en:Theropoda{{sname||Theropoda]]}}
{{生物_下位分類|pink|種}}
{{生物_分類|下目| = [[ケラトサウルス下目]]<BR> [[:en:Ceratosauria{{sname||Ceratosauria]]}}
*''C. nasicornis''<BR>
{{生物_分類|科| = [[ケラトサウルス科]]<BR> [[:en:Ceratosauridae{{sname||Ceratosauridae]]}}
*''C. dentisulcatus''<BR>
{{生物_開始|pink|属 = '''ケラトサウルス<BR>''' {{snamei||Ceratosaurus'''}}
*''C. magnicornis''<BR>
|学名 = '''''Ceratosaurus'''''<br/>{{AUY|[[オスニエル・チャールズ・マーシュ|Marsh]]|1884}}
{{生物_終了}}
|下位分類名 = [[種 (分類学)|種]]
'''ケラトサウルス''' (''Ceratosaurus'') は、[[ジュラ紀]]中期から後期にかけて[[北米]]大陸と[[アフリカ]]大陸生息していた[[獣脚類]]の[[恐竜]]の一種。頭の角や体の装甲板などといった特徴的なスタイルから、「怪獣のような恐竜」として様々なキャラクター商品にデザインされている。体長5~7mの中型肉食恐竜である。鼻の上あたりに角のような骨質のこぶがあり、また目の上にもそれらしいものが見られる。かつてアロサウルス科とされ、[[アロサウルス]]と同一種(異なる点は性差によるもの)と考えられていた事もあったが、異なる点が様々あり、近年新たに分類しなおされた。G・ポールによれば、アロサウルスと比較して大きさは劣るものの、歯は薄く切れ味がよく、手足のつめはアロサウルスに比べて鋭かったといわれている。
|下位分類 =
*''C. nasicornis'' {{AUY|Marsh|1884}}([[タイプ (分類学)|模式種]])
*''C. ingns'' {{AUY|[[w:Gregory_S._Paul|Paul]]|1988}}
*''C. dentisulcatus''{{AUY|Madsen & [[w:Samuel_Paul_Welles|Welles]]|2000}}
*''C. magnicornis'' {{AUY|Madsen & Welles|2000}}
}}
'''ケラトサウルス''' (''Ceratosaurus'') は、[[中生代]][[ジュラ紀]]中期から後期にかけての現[[北アメリカ大陸]]と現[[アフリカ大陸]]に生息していた[[獣脚類]]の[[恐竜]]の一種。[[竜盤類|竜盤目]] - 獣脚亜目 - [[ケラトサウルス科]]に属する。[[学名|属名]]は「[[角]]をもつトカゲ」を意味する<ref name="恐竜博物図鑑" >『恐竜博物図鑑』 60頁</ref>。
 
==形態==
体長約4.5 - 6m<ref name="恐竜博物図鑑" />の中型肉食恐竜である。目立つ特徴としては、鼻の上に角状の骨質の突起があり、また眼窩上部にも瘤状の隆起が見られ、また背面正中線上に骨質の板が並んでいることである。角状の突起を持つ獣脚類は幾つか知られているが、背面に骨板を持つ獣脚類はケラトサウルスのみである。<ref name="恐竜博物図鑑" />
 
前肢には四本の指があり、尾は柔軟な構造で幅広く厚みがある。<ref name="恐竜博物図鑑" />
 
'''ケラトサウルス''' (''Ceratosaurus'') は、[[ジュラ紀]]中期から後期にかけて[[北米]]大陸と[[アフリカ]]大陸生息していた[[獣脚類]]の[[恐竜]]の一種。頭の角や体の装甲板などといった特徴的なスタイルから、「怪獣のような恐竜」として様々なキャラクター商品にデザインされている。体長5~7mの中型肉食恐竜である。鼻の上あたりに角のような骨質のこぶがあり、また目の上にもそれらしいものが見られる。かつてアロサウルス科とされ、[[アロサウルス]]と同一種(異なる点は性差によるもの)と考えられていた事もあったが、異なる点が様々あり、近年新たに分類しなおされた。G・ポールによれば、アロサウルスと比較して大きさは劣るものの、歯は薄く切れ味がよく、手足のつめはアロサウルスに比べて鋭かったといわれている。
 
<gallery>
ファイル:Allosaurus-Ceratosaurus_comparison_chart.svg|ヒトとの大きさ比較。緑がケラトサウルス。赤がアロサウルス。
ファイル:Nasicornis.jpg|化石。
ファイル:Ceratosaurus_nasicornis_DB.jpg|''C. nasicornis'' 想像図。
</gallery>
 
== フィクションにおけるケラトサウルス ==
頭の角や体の装甲板などといった特徴的なスタイルから、「怪獣のような恐竜」として様々なキャラクター商品にデザインされている。
 
『[[恐竜100万年]]』では[[トリケラトプス]]と対決するが、両者共に実際よりも遥かに大きく描かれている(元々は[[ティラノサウルス]]を登場させる予定であったが、[[アロサウルス]]が活躍するシークエンスがあるため、“角”という外観上の特徴があるケラトサウルスをティラノサウルスのサイズに拡大したというのが真相のようである)。『[[ジュラシック・パークIII]]』では、グラント博士らが衛星電話を回収すべく[[スピノサウルス]]の糞をあさっていたシーンに数秒だけ登場した。このケラトサウルスの概観は、ティラノサウルスのデータをベースに造られたと思われる。実際のケラトサウルスは骨格に厚みがなく華奢であり、目も顔の前方にはついていない。
 
==脚注==
{{画像提供依頼}}
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
{{Wikispecies|Ceratosaurus}}
{{Commonscat|Ceratosaurus}}
 
==参考文献==
* {{Cite book|和書
|author = ヘーゼル・リチャードソン
|editor = ディビット・ノーマン
|title = 恐竜博物図鑑
|year = 2005
|publisher = [[新樹社]]
|series = ネイチャー・ハンドブック
|isbn = 4-7875-8534-7
|pages = 60頁
}}
 
{{Dinosaur-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:けらとさうるす}}
[[Category:獣脚類]]
[[Category:ジュラ紀の恐竜]]
{{Dinosaur-stub}}
 
[[ar:كيراتوسوريس]]
1,582

回編集