「ドン・ウィルソン (ギタリスト)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
*[[ジェフ・バクスター]]は1970年代から既に彼からの影響を公言していた。安定したリズムバッキングを学ぶ事が出来たとインタビューで語っていた事がある。「ドンやボブのようなギタリストになりたいのですが、どうしたらいいでしょうか?」とファンレターを送ったら、「[[フェンダー (楽器メーカー)|フェンダー]]の[[ジャズマスター]]を買おう」との返事が届いたので、小遣いやアルバイトで稼いだ金を手に楽器店に買いに行ったという。
*ベンチャーズを象徴するアイコンとされる[[モズライト]]のギターは、ドン・ウィルソン本人は楽器としてのクオリティはある程度は認めていたものの、モズライトの特徴でもあった極端に細いネックとリズムギターにはパワフルすぎるピックアップが好みではなかったようで、度々改善をセミー・モズレーに求めていたが、結局意見を取り入れられることは無く、セミー・モズレー個人に対してもあまり良い印象は無いようである。1980年代にセミー・モズレーが特別に製作しプレゼントしたモズライトのカスタムギターを、ステージでのサブギターとしてスタンバイさせていた事があったが、実際に使用することは滅多に無かったようである。アーチドトップの美しいラインは気に入っていた為、現在発売されている[[アリア (楽器ブランド)|アリア]]のベンチャーズモデルのギターにはモズライトに取り入れられていた特徴が多分に盛り込まれている。
*[[トミー・テデスコ]]が在籍していたバンド、Tボーンズのダニー・ハミルトン(リードギター)とジャド・ハミルトン(ベース)兄弟が、1960年代に一時彼の自宅に居候していた事がある。その当時書き下ろした曲の中の一つが「ダイアモンドヘッド」。これをベンチャーズが取り上げてヒットさせたため、日本ではTボーンズを'''「ベンチャーズの弟分」'''として売り出していた事がある。その後も幾つかダニー・ハミルトンはベンチャーズのために幾つか書き下ろしている。
 
 
{{DEFAULTSORT:ういるそんとん}}
2,197

回編集