「著作者」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる: 言語間リンクを標準化)
m
'''著作者'''(ちょさくしゃ)とは、[[著作物]]あるいは[[作品]]を作った者のことである。'''[[作者]]'''(さくしゃ)または'''著者'''(ちょしゃ)ともいう。例えば、[[文学]]作品・[[芸術]]作品などの[[製作]]者、[[音楽家]]([[ミュージシャン]])、[[テレビ]][[プロデューサー]]、[[アニメーション]][[監督]]、[[映画監督]]などである。
 
著作者(author)は作品の最終的な[[権威]](authority)である、という暗黙の了解がかつてはあったが、[[ロラン・バルト]]による『[[作者の死]]』などの[[論文]]を経て、この結びつきは[[現代]]の[[文学理論]]では自明のものではなくなっている。
ある著作物について、その著作者が誰であるかということは重要な関心事である。もしも真の著作者とは異なる著作者名を表示して著作物が頒布されると、著作者名表示に対しての信用が損なわれることになる。
そこで、著作者でない者を著作者であると偽って著作物を頒布する行為は'''著作者名詐称罪'''として刑事罰の対象となる(121条)。
 
== 文芸評論における作者 ==
[[文芸評論]]理論において、「作者」は、[[テキスト|テキスト]]の意味とその作者の意図の関係を巡る問題においての重要概念である。[[1968年]]に発表した評論「作者の死」において、[[ロラン・バルト]]は あるテキストの作者がそのテキストにおいて何を意味させようと意図したかは、そのテキストの解釈において重要ではないと説いた。この理論によると、テキス トは作者一人の声のみにより構成されるのではなく、むしろ外部の影響、無意識的衝動、その他の既存のテキストなども含む、そのテキストとのコミュニケー ションを形成する様々な要因によるものだとされる。それゆえ批評家は、テキストをその解釈を一意的に決定する作者の言明にとらわれない「自由な戯れ」の空 間として扱うべきであり、テキストとのふれ合いはそれ自体が性交にも通じる[[快楽]]であると主張した。凝り固まった教訓的な[[形式主義]]の枷から解き放たれて、バルトはテキスト読解の芳醇な不完全さと創造的書き換えの可能性を示唆したのである。
 
== 関連項目 ==
* [[作]] ([[著作家]])
* [[著作家]]
* [[読者]]
 
 
[[Category:著作権法]]
[[Category:文芸評論]]
[[category:図書館情報学]]
[[Category:情報社会]]
[[Category:作品]]
 
{{law-stub}}
{{philos-stub}}
 
[[cs:Autor]]
175

回編集