「和光信也」の版間の差分

編集の要約なし
専門は[[固体物理学]]で、[[バンド計算]]のパイオニアである。
金属結晶での電子のポテンシャルについて,非常に粗い近似ではあるが,初めて自己無撞着なバンド計算をおこなった[[#self|(1965)]].
結晶中での電子のコンプトン・プロフィールを,APW 法を用いて初めて計算をおこなった[[#(1973a)comp|(1973)]].
現在,LDA+U などとして使われている状態依存ポテンシャルの概念を初めて導入した[[#(1973b)stat|(1973)]][[#(1977)orbi|(1977)]].
 
 
[[#example|例]]のように指定したID属性のところへ
リンクをはることもできます。
 
<div id="example">例</div>
 
 
([[日本物理学会]] 新編物理学選集 61 金属の[[フェルミ面]] II に採録されている。)
 
* <div id="1973bstat">State-Dependent Potentials in Metallic Vanadium and Chromium,</div>
S.Wakoh and J.Yamashita,[[Journal of the Physical Society of Japan]],
Vol.35,No.5,P.1349-1401,1973
 
* <div id="1973acomp">Compton Profiles of Metallic Vanadium,</div>
S.Wakoh and J.Yamashita,[[Journal of the Physical Society of Japan]],
Vol.35,No.5,P.1406-1411,1973
 
* <div id="1977orbi">Orbital Effect on a Band Calculation,</div>
S.Wakoh,Journal of Physics F:Metal Phys.,
Vol.7,No.1,P.L15-L18,1977
匿名利用者