「和光信也」の版間の差分

編集の要約なし
 
専門は[[固体物理学]]で、[[バンド計算]]のパイオニアである。
金属結晶での電子のポテンシャルについて、粗い近似ではあるが,初めて[[#self|自己無撞着なバンド計算をおこなった(1965)]]。このポテンシャルには固体効果が取り込まれているので,現実的であり,ニッケルのポテンシャルは,表面物性の分野で"Wakoh Potenshal"として重宝がられた.
結晶中での電子のコンプトン・プロフィールを、[[#comp|APW 法を用いて初めて計算をおこなった(1973)]]。
現在、LDA+U などとして使われている[[#stat|状態依存ポテンシャルの概念を初めて導入した(1973)]],[[#orbi|(1977)]]。
 
== プロフィール ==
    
 
1938年、横浜に生まる。寅年、山羊座、O-型。
 
1959年、物理学科の学生実験で,電子計算機([[パラメトロン計算機[[:PC1)に触れる。
 
1962年、[[物性研究所]]でFACOM202(PC2)が稼働し始め,修士論文の研究に使う。
 
元祖コンピュータ・オタクの1人。
 
趣味は、テニスとスキー。
 
== 主な研究論文 ==
匿名利用者