「瀬古利彦」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: de:Toshihiko Seko)
 
=== 現役引退後 ===
引退後はヱスビー食品陸上部監督に就任したのち、[[1990年]]より4年間は母校早稲田大学競走部のコーチを兼任。[[武井隆次]]・[[櫛部静二]]・[[花田勝彦]]・[[渡辺康幸]]らを擁し[[第69回東京箱根間往復大学駅伝競走|第69回箱根駅伝]]総合優勝を果たした他、全日本大学駅伝4連覇など母校の躍進に貢献した。[[2006年]]3月限りでヱスビー食品陸上部監督を退任、同年4月1日付で同社スポーツ推進局長に就任した。後任監督には[[武井隆次]]コーチが昇格し、[[中村孝生]]コーチが部長となった。選手育成においては、[[1990年]]の[[北海道]]合宿中に[[金井豊]]・[[谷口伴之]]の有力選手を交通事故で失う悲劇にも見舞われ、現役時代ライバル関係にあった[[宗茂]]らの後塵を拝し続けるなど順風満帆とはいかなかったが、[[2004年]]の[[アテネオリンピック (2004年)|アテネオリンピック]]に[[国近友昭]]をマラソン代表として送り出した。
 
[[2005年]]3月より[[日本陸上競技連盟|日本陸連]]役員も務め。また駅伝やマラソン中継の[[解説者]]を務めることも多い。[[2005年]]の[[東京国際女子マラソン]]で優勝した[[高橋尚子]]が事前に怪我をしていることを公表したことについて苦言を呈した。[[2006年]]の[[名古屋国際女子マラソン]]では、元男子選手では珍しく女子レースでのメイン解説を行った。
 
[[2007年]]12月より東京都の[[教育委員]]に任命された[http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr071212i.htm]。任期は2011年まで。
254

回編集