「宇賀地強」の版間の差分

編集の要約なし
'''宇賀地 強'''(うがち つよし、[[1987年]][[4月27日]]-)は[[栃木県]][[宇都宮市]]出身の[[陸上競技]][[選手]]。専門は中長距離種目。陽東小学校-陽東中学校-[[作新学院高等学校]]-[[駒澤大学]]法学部法律学科在学。2010年4月にコニカミノルタに就職予定
 
== 特徴人物歴 ==
中学時代から陸上を始める。3年時のジュニア・オリンピックでは男子3000mに出場[[高橋優太 (陸上選手)]]・[[佐藤直樹(陸上競技選手)]](後に[[城西大学]]入学)・山田翔太(同[[順天堂大学]]入学)、中原知大(同[[日本大学]]入学)とで同組を走ったが、これに勝利し優勝した。(同じ時、後に大学で同学年チームメイトの[[高林祐介]]は男子800m優勝) 作新学院高校2年時には[[全国高校駅伝]]に出場。1区を走り[[仙台育英高校]]の[[佐藤秀和]]、[[佐野日本大学中学校・高等学校|佐野日大高校]]の河野晴友に次ぐ日本人3位(区間5位)の成績を残した。また、高校3年の全国都道府県対抗男子駅伝の1区で区間賞を獲得。第33回世界クロスカントリー選手権サンガルミエル大会日本代表にも選ばれ2006年の第34回世界クロスカントリー選手権福岡大会で、大学のチームメイトである[[深津卓也]]・高林と共に代表として出場した
駒澤大学に進学後は、1年生時に[[陸上競技|トラック]]10000mで28分台のタイムを残した。駅伝では[[出雲駅伝]]・[[全日本大学駅伝]]に出場した。[[第83回東京箱根間往復大学駅伝競走|第83回箱根駅伝]]では、発熱した駅伝主将の[[安西秀幸]]に代わり出場、2区を走ったが区間13位に終わった。2年生時には[[日本インカレ]]で男子10000mに出場。日本人2位の成績を残した。その結果、[[松岡佑起]]と共に2007年夏季[[ユニバーシアード]]10000m日本代表選手に選ばれた。[[出雲駅伝]]では3区を走り区間2位、[[全日本大学駅伝]]では2年連続で2区を走り区間5位、[[第84回東京箱根間往復大学駅伝競走|第84回箱根駅伝]]では2年連続で2区を走り区間5位の成績で総合優勝に貢献した。[[朝日駅伝]]では、4区を走り区間賞を獲得。3年生時には第36回世界クロスカントリー選手権エディンバラ大会日本代表に選ばれた。関東インカレ(1部)では同学年の深津・[[星創太]]と共に10000mに出場し6位の成績を残した(深津は4位、星が5位)。続く出場したハーフマラソンでは日本人トップとなる2位の成績を残した。(優勝は[[山梨学院大学]]の[[メクボ・ジョブ・モグス]])全日本大学駅伝で、3年連続で2区を走り、区間タイムでは、[[木原真佐人]]・[[柏原竜二]]・[[竹澤健介]]に次ぐ、区間4位。2001年に区間記録を打ち立てた松下龍治の学内記録を打ち破る。[[第85回東京箱根間往復大学駅伝競走|第85回箱根駅伝]]では、3年連続で2区を任され、11人を抜いたが区間6位となったが、ゴボウ抜き記録11人抜きをマーク大会終了後に、主将を務めた[[池田宗司]]の後を継ぎ、2009年には駅伝主将に就任した(主将は高林)
 
== 記録 ==
自己ベスト
*[[5000メートル競走|5000m]] 13分43分34 (2008 (2008)
*[[10000メートル競走|10000m]] 28分23秒62 (2009年) 駒澤大学学内記録(2009年)
*[[ハーフマラソン]] 1時間02分54秒 (2007 (2007)
*30kmロード  1時間30分47秒 (2009 (2009)
 
日本代表歴
*2005年  第33回世界クロスカントリー選手権サンガルミエル大会
*2006年  第34回世界クロスカントリー選手権福岡大会・第11回世界ジュニア選手権北京大会
*2007年  タイ・バンコク  ユニバーシアード  10000m出場
*2008年  第36回世界クロスカントリー選手権エディンバラ大会
*2009年  セルビア・ベオグラード  ユニバーシアード  10000m6位入賞・5000m13位
 
== 関連人物 ==
*[[大八木弘明]]
*[[船田元]]
*[[安西秀幸]]
*[[池田宗司]]-同郷の関係にあたる。
*[[太田行紀]]
*[[深津卓也]]
*[[高林祐介]]
*[[星創太]]
*[[神山知也]]-高校時代の同窓にあたる。
*[[佐藤直樹(陸上競技選手)]]-同郷のライバル関係。
 
{{DEFAULTSORT:うかち つよし}}
254

回編集