「北村聡」の版間の差分

編集の要約なし
m (cat)
'''北村 聡'''(きたむら さとる・[[1986年]][[2月4日]]- )は、[[兵庫県]][[高砂市]]出身の[[陸上競技選手]]([[長距離走|長距離種目]])。宝殿中-[[兵庫県立西脇工業高等学校|西脇工高]]-[[日本体育大学|日本体育大]]-[[日清食品]]。
 
== 特徴人物・来歴 ==
同学年の[[松岡佑起]]、[[伊達秀晃]]、[[上野裕一郎]]とともに「四天王」と呼ばれている。同じ兵庫県出身の1学年下に[[竹澤健介]]や[[木原真佐人]](共に[[報徳学園中学校・高等学校|報徳学園高]]卒)といった顔ぶれがそろっている。2年先輩の熊本剛とは小学校から大学まで同じである。[[2007年]] [[全日本大学駅伝対校選手権大会|全日本大学駅伝]]最終8区で、圧倒的な強さを誇っていた[[メクボ・ジョブ・モグス]]に次ぐ区間2位の快走で順位を4位から2位に上げ、日体大の18大会ぶりのトップ3入り(準優勝)に貢献する。
*トラック長距離種目において国内屈指の実力を有する。
なお、大学4年間を通じて三大駅伝([[出雲全日本大学選抜駅伝競走|出雲駅伝]]・[[全日本大学駅伝対校選手権大会|全日本大学駅伝]]・[[東京箱根間往復大学駅伝競走|箱根駅伝]])のすべてに皆勤し、区間賞こそ無かったものの4年次の箱根駅伝を除いてすべて区間5位以内にまとめている。最高順位が4年次の全日本大学駅伝の区間2位で日本人トップ。最低順位が箱根駅伝の2区区間8位。
*小柄ながら力強い走りをする。
 
*スプリントには難があるものの、精神面の強さには定評がある。
*同学年の[[松岡佑起]]、[[伊達秀晃]]、[[上野裕一郎]]とともに「四天王」と呼ばれている。
*同じ兵庫県出身の1学年下に[[竹澤健介]]や[[木原真佐人]](共に[[報徳学園中学校・高等学校|報徳学園高]]卒)といった学生長距離界、ひいては国内のトップ争いをする顔ぶれがそろっており、奮起の一因になっているものと思われる。
*2年先輩の熊本剛とは小学校から大学まで同じである。
 
== 主な戦績 ==
*[[2001年]]  [[国民体育大会|国体]]少年B[[3000メートル競走|3000m]] 2位(日本人1位)
*[[2002年]]  [[国民体育大会|国体]]少年A[[5000メートル競走|5000m]] 4位入賞(日本人2位) 13分45秒86で当時の高校記録を更新する(ただし土橋啓太が先着したため記録保持者とはならなかった)
*[[2003年]]  [[全国都道府県対抗男子駅伝競走大会]] 1区(7.0km) 区間2位 19分53秒(区間新)
*[[2006年]]  [[日本学生陸上競技対校選手権大会|日本インカレ]][[10000メートル競走|10000m]] 優勝
*[[2006年]]  [[日本陸上競技選手権大会|日本選手権]][[5000メートル競走|5000m]] 2位
*[[2007年]]  [[全日本大学駅伝対校選手権大会|全日本大学駅伝]]最終 8区で、圧倒的な強さを誇っていた[[メクボ・ジョブ・モグス]]に次ぐ区間2位の快走で順位を4位から2位に上げ、日体大の18大会ぶりのトップ3入り(準優勝)に貢献する。
*[[2008年]] [[全国都道府県対抗男子駅伝競走大会]] 7区(13.0km) 区間1位 38分09秒
なお、大学4年間を通じて三大駅伝([[出雲全日本大学選抜駅伝競走|出雲駅伝]]・[[全日本大学駅伝対校選手権大会|全日本大学駅伝]]・[[東京箱根間往復大学駅伝競走|箱根駅伝]])のすべてに皆勤し、区間賞こそ無かったものの4年次の箱根駅伝を除いてすべて区間5位以内にまとめている。最高順位が4年次の全日本大学駅伝の区間2位で日本人トップ。最低順位が箱根駅伝の2区区間8位。
*[[2008年]] [[ 国都道府県日本実業団対抗男子駅伝陸上技選手権大会[[10000メートル競走|10000m]] 7区(13.0km) 区間6位(日本人1位 38分09秒
*2009年 [[2008年]] 全日本実業団対抗陸上競技選手権大会|日本選手権]][[100005000メートル競走|10000m5000m]]6位(日本人1 3
 
== 記録 ==
254

回編集