「オワンクラゲ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: hu:Aequorea victoria)
編集の要約なし
|和名=オワンクラゲ
}}
'''オワンクラゲ'''(御椀海月、御碗海月)は、[[日本]]各地の沿岸で見られる[[ヒドロ虫綱]]<!--[[軟クラゲ亜目]][[オワンクラゲ科]]-->に属する[[クラゲ]]様の[[無脊椎動物]]。その傘はお碗を逆さにしたような形をしており、透明で内側の[[放射管]]がはっきりと外側から見える。最大傘径は20[[センチメートル|cm]]におよび、ヒドロ虫綱で最大。刺激を受けると[[生殖腺]]を青白く発光させる。
 
主に春から夏にかけて見られる。水面に浮き、殆ど動きがないが、他のクラゲや小魚などを大きな口を開けて丸呑みしてしまう。
匿名利用者