「ブヌン族」の版間の差分

編集の要約なし
'''ブヌン族'''('''布農族''')は[[台湾原住民]]の一つ。[[南投県]][[信義郷]]、[[仁愛郷]]、[[花蓮県]][[卓渓郷]]、[[万栄郷]]の山岳部を中心にその他[[高雄県]][[桃源郷]]、[[三民郷]]、[[台東県]][[海端郷]]、[[延平郷]]などにも分布している。人口は約4万人。独自の[[ブヌン語]]を有し、ブヌンとはブヌン語で'''人'''を意味する言葉である。
 
社会組織は、長老制度による父系氏族大家族社会で、長老者会議各家族の長老たちが集まり村の政策決定を行なう。民族意識が強く、民族語を保っている数少ない台湾原住民族。
 
「小米(粟)の豊作を祈る歌」など八部和音唱法の歌をもつことで知られる。
 
 
==分布==
 
ブヌン族は主に[[中央山脈]]の両側に住み、典型的な高山民族とゆえる。
18世紀頃、南投あたりのブヌン族が大規模な移民をはじめ、結果、南投、高雄、花蓮、台東等県まで居住範囲をひろげた。
ブヌン族には5つの群がある。
 
*卓社群 (take-todo):南投県信義久美村、仁愛中正、法治、萬豐万豊村。
*卡社群 (take bakha):信義南潭、地利、雙龍双竜三村。
*丹社群 (take vatan):信義地利村、花蓮縣萬榮鄉県万栄郷馬遠村。
*巒社群 (takebanuad):信義鄉豐郷豊丘、望、新、人倫及花蓮溪鄉渓郷
*郡社群 (isbukun):信義東埔、羅娜、明德及び徳、台東海端、延平及び高雄那瑪夏、桃源。ブヌン族最大の群。
 
 
 
==文字==
 
ブヌン族は独自の文字をもっていたという伝説がある。それによると、台湾で大洪水がおこったとき、村人が祖先が遺した宝物などをもたずに避難し、そのなかにあったブヌン文字について書かれた書物は流され、流失したといわれている。
 
 
 
==ブヌン出身の有名人==
*[[霍斯陸曼伐伐]]-作家、すでになくなっており、遺物にはたくさんのブヌン文化についての本がある。
 
{{台湾原住民}}
 
{{DEFAULTSORT:ふぬんそく}}
{{Taiwanese aborigine}}
 
[[Category:台湾原住民]]
 
匿名利用者