「本多流生弓会」の版間の差分

 
=== 本多利實 ===
'''本多 利實'''(ほんだとしざね、[[1836年]] - [[1917年]])は、本多流流祖。旗本・竹林派家元本多利重長男、幼名橋之助、[[号 (称号)|号]]生弓斎。利實翁とも呼ばれる。6歳の時父に弓を学び始める。25歳、利重より日置流尾州竹林派皆伝印可を受ける。[[1867年]]32歳で家督を相続する。[[1869年]][[大学校 (1869年)|医学校]](現[[東京大学大学院医学系研究科・医学部|東大医学部]])勤務。[[1874年]][[文部省]]医務局分課[[種痘所]]勤務。[[1889年]][[明治維新]]後の弓術の荒廃を嘆いて『弓術保存教授及演説主意』を著し、弓術継続会を設立する。同年[[西巣鴨町|巣鴨村]]村長。[[1892年]][[第一高等学校 (旧制)|第一高等学校]]弓術教授。[[1893年]][[八幡神社 (東京都港区虎ノ門)|西久保八幡神社]]祠宮。[[1901年]][[霞会館|華族会館]]弓術教授。[[1902年]][[東京大学|東京帝国大学]]弓術部師範。[[1905年]][[学習院]]弓術師範。その他いくつもの学校の師範を勤める。この頃竹林派の種々の伝書に註解を加えて正面の弓構え・打起しについても解説し、[[1908年]]『日置流竹林派弓術書』を出版公表する。[[1917年]]東京帝国大学に家元継承についての覚書などを預託する。同年[[東京都電車|東京市電]]の事故により死亡する。没後宗家としての権限は門弟である東京帝国大学弓術部に預託され、生弓会が組織される。
 
=== 本多利時 ===
'''本多 利時'''(ほんだとしとき、1901年 - [[1945年]])は、本多流二世宗家。利實の長女かねと[[平松家]]出身の婿養子時幾の次男(長男は夭逝)。幼少時より利實の弟子達に弓を習う。[[1923年]][[國學院大學]]卒業、東京府立第一中學校(現[[東京都立日比谷高等学校]])教諭(国語・漢文)。同年本多流二世宗家を継承する。東京帝国大学弓術部教導。[[1924年]]第一高等学校弓術師範、[[東京教育大学|東京高等師範学校]](現[[筑波大学]])体育科教導。[[1925年]]社団法人生弓会を発足させる。[[1930年]][[東京高等学校 (旧制)|東京高等学校]]武道教師。同年生弓会本部道場が新築される。[[1939年]]東京女子高等師範学校(現[[お茶の水女子大学]])講師。[[1945年]]戦災により生弓会本部道場焼失する。同年久喜市にて死亡。
 
=== 本多利生 ===
'''本多 利生'''(ほんだとしなり、[[1934年]] - [[1994年]])は、本多流三世宗家。利時の長男。[[1952年]]生弓会会員と本多流研究会を発足させる。[[1958年]][[東京外国語大学]]<!--中国語科?-->卒業、[[三井物産]]入社。[[1963年]]本多流三世宗家を継承し、生弓会の活動を公式に再開する。[[1965年]]東京外国語大学弓道部師範。[[1972年]][[東京大学]]弓術部師範。[[1976年]][[全日本弓道連盟]][[範士]]受任。[[1994年]][[悪性腫瘍|癌]]により死亡。
 
=== 本多利永 ===
'''本多 利永'''(ほんだとしなが、[[1968年]] -)は、本多流四世宗家。利生の長男。[[1990年]][[慶應義塾大学]]卒業。1994年利生死去後本多流四世宗家を継承する。同年東京外国語大学弓道部顧問。[[1995年]]東京大学弓術部顧問。[[1996年]]本多流勉強会を発足させる。[[1998年]]全日本弓道連盟[[教士]]受任。[[2000年]]東京大学弓術部師範。[[2001年]]東京外国語大学弓道部師範。
 
== 主な本多流射手 ==
78

回編集