「森類」の版間の差分

 
== 経歴 ==
1911年[[東京市]]本郷駒込千駄木21番地に文豪[[森鴎外]]の三男として生まれる。母方の祖父[[荒木博臣]]は[[大審院]]判事。[[1923年]]3月、[[文京区立誠之小学校|誠之尋常小学校]]卒業。成績不良のため「頭に病気がある子が二人いますが、病気がない子では類さんが一番できません」と教師に言われ、母が絶望のあまり「頭に病気があったらどんなに肩身が広いだろう」「死なないかなあ、苦しまずに死なないかなあ」と言った<ref>森類『鴎外の子供たち』p.31(ちくま文庫、1995年)</ref>。中学入試に失敗し、同年4月、[[筑波大学附属小師範学校|高等師範学校]]附属小学校]]高等科に入学し、補習を受ける。(現・[[1924年]]4月、旧制[[国士舘中筑波大校・高等附属小学校|国士舘中学]]に入学するも兄姉らに比べ学業では振るわず、[[1926年]]、国士舘中学2年修了時に中途退学。同年から絵画補習学び始め、画家[[長原孝太郎]]に師事。[[1927年]]から[[川端画学校]]に学ぶ。[[1931年]]には次姉の[[小堀杏奴]]と共に[[藤島武二]]に師事。同年11月、杏奴と共に[[パリ]]へ遊学。[[1934年]]1月に日本へ帰国。[[1936年]]から長姉茉莉と二人で生活([[1941年]]3月の類の結婚まで)。その後も絵画修業を続ける。
 
[[1924年]]4月、旧制[[国士舘中学校・高等学校|国士舘中学]]に入学するも、兄姉らに比べ学業では振るわず、[[1926年]]、国士舘中学2年修了時に中途退学。同年から絵画を学び始め、画家[[長原孝太郎]]に師事。[[1927年]]から[[川端画学校]]に学ぶ。[[1931年]]には次姉の[[小堀杏奴]]と共に[[藤島武二]]に師事。同年11月、杏奴と共に[[パリ]]へ遊学。[[1934年]]1月に日本へ帰国。[[1936年]]から長姉茉莉と二人で生活([[1941年]]3月の類の結婚まで)。その後も絵画修業を続ける。
 
[[1941年]]3月、[[安宅安五郎]]画伯の長女美穂と結婚。仲人は[[木下杢太郎]]夫妻。[[1942年]]に長女が、[[1944年]]に次女が誕生。1944年から一家で[[福島県]][[喜多方市|喜多方町]]に疎開。ここで敗戦を迎える。[[1946年]]、三女が誕生。[[1947年]]12月、[[川崎市]]西生田に転居。同年、長男が誕生。
匿名利用者