「東京芸術大学」の版間の差分

[[1878年]](明治11年)[[伊沢修二]]は、[[目賀田種太郎]]と連名で音楽教育の意見書を文部大臣に提出。[[1879年]](明治12年)、[[文部省]]に[[伊沢修二]]を御用掛とする[[音楽取調掛]]が設立され、日本国の音楽教育に関する諸調査等を目的とした。
 
翌年以降、[[師範学校]]附属小学校(現・[[筑波大学附属小学校]])生や附属幼稚園(現・[[お茶の水女子大学附属幼稚園]])生への音楽教育を行う教員の育成を行い、音楽専門教育機関の役割を果たすようになった。その後数回の名称変更を経て、[[1887年]](明治20年)[[10月4日]]に「東京音楽学校」と改称される。1890年5月12日には新校舎(現在の旧東京音楽学校奏楽堂が含まれていた校舎)が現在の奏楽堂の位置に落成された。
 
また1893年に、一時[[東京高等師範学校]]([[東京教育大学]]を経た、現在の[[筑波大学]])の附属学校となったが1899年に独立。数回に渡る機構改革を経て「東京藝術大学」開学の2年後([[1952年]])に閉校。
匿名利用者