「宮本百合子」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== 少女時代 ===
百合子は[[東京女子師範学校]]附属高等女学校(現在の[[お茶の水女子大学附属高等学校]])在学中から小説を書き始める。[[1916年]]、[[日本女子大学]]英文科予科に入学早々、中条百合子の名で[[白樺派]]風の人道主義的な中編『貧しき人々の群』を『[[中央公論]]』9月号に発表し、天才少女として注目を集めた。なお日本女子大学予科はほどなく中退した。
 
=== 結婚と離婚 ===
匿名利用者