「静岡鉄道1000形電車」の版間の差分

m
m ({{Template}})
m (→‎概要: link)
 
==概要==
[[静岡鉄道静岡清水線|静岡清水線]]の車両近代化による[[静岡鉄道クモハ100形電車|100]]・[[福井静岡鉄道300電車|300系]]などの旧形車の置換え用に登場した、[[東京急行電鉄]]の[[東急7200系電車|7200系]]を設計基本とする車両である(ただし運転室は[[東急8000系電車|東急8000系]]の製造当初に類似、正面スタイルは静鉄オリジナル。車体長も若干短くなっている)。[[1973年]]([[昭和]]48年)~[[1985年]](昭和60年)に2両編成12本(24両)が[[東急車輛製造]]で製造された。編成はクモハ1000形(Mc)-クハ1500形(Tc)となっている。
 
車体は前面非貫通型・18m級3扉の[[ステンレス鋼|ステンレス]]製となっており、前面窓には1枚窓を採用、前面窓上に行先方向幕を、上両側に白色標識灯を、下両側に前照灯・後部標識灯を装備している。上両側の白色標識灯はかつて急行電車の運転の際に点灯していたが、現在は回送列車の運転時のみ点灯される。