「Category‐ノート:ヨーロッパの人名」の版間の差分

 
平凡社の『哲学事典』にはロシア人名(キリル文字順)が独立して索引がある事を確認しました。ロシア、ブルガリア、セルボ・クロアチア(ラテン字と共用)系の人名にはキリル文字順を適用した方が良いですね。--[[利用者:荒巻モロゾフ|荒巻モロゾフ]] 2009年7月9日 (木) 10:03 (UTC)
 
分割の基本方針を発表いたします。
#五十音順のカテゴリについて
#:「Category:ヨーロッパの人名 五十音順」を作りその中に「Category:ヨーロッパの人名 ア」~「Category:ヨーロッパの人名 ワ」のサブカテゴリを作成し、これまでの慣行通り「濁点」「長音符」は無視し「ヴァ」は「うあ」としてソートします。例えば「アーヴィング」の場合<nowiki>[[Category:ヨーロッパの人名 ア|ういんく]]</nowiki>とします。
#綴り順のカテゴリについて
#:「Category:ヨーロッパの人名 アルファベット順」を作りその中に「Category:ヨーロッパの人名 A」から「Category:ヨーロッパの人名 Z」までを作ります。ドイツ人名のウムラウトから始まる場合は辞書での配列と同様にウムラウトがない文字のカテゴリへ含めます。キリル文字圏(ロシア、ブルガリア、セルビア)に関しては「Category:人名 キリル文字順」の受け持ち(セルビアに関しては同時にアルファベット順も用いる)として「Category:人名 А」~「Category:人名 Я」までのサブカテゴリ下とします。(「ヨーロッパの人名 キリル文字順」としないのはロシア系名の中に多量にアジアの他民族由来の名前が混入している他、旧ソ連諸国およびモンゴルの人名を収容する事を考えに入れているからです)カテゴリ名については「キリル文字順の人名」とどちらにすべきか現在決めかねている状態です。
#言語(民族)別のカテゴリについて
#:国=民族であるとの誤解を避けるために全て「○○の」ではなく「○○系の」とします。現在のところ「名前」->「姓」の構造となっていますが、男性名と女性名がはっきりと分かれているのでこれを合わせて基本3カテゴリ編成にしたいと考えております。
以上が私の思い描いているこのカテゴリの将来像です。異論は大いに認めます。--[[利用者:荒巻モロゾフ|荒巻モロゾフ]] 2009年7月19日 (日) 10:57 (UTC)