「ノートルダム楽派」の版間の差分

+cat
m (interlang(たぶん))
(+cat)
 
<!--このころ、小さな[[修道院]]で歌われていた音楽が、各地で大規模な聖堂が建立されていた。 (日本語的におかしいのでコメントアウト)-->ノートルダム大聖堂での音楽の特徴は、[[グレゴリオ聖歌]]を長く延ばして、その上に細かい[[旋律]]が付けられた([[オルガヌム]])。オルガヌムは ノートルダム楽派以前から作られていたが、この時代になると、[[声部]]も増え、[[定量記譜法]]が確立し、曲の構造が明確になった。この時代の様式を含めて、[[アルス・アンティクア]]と呼ばれる。
 
[[Category:クラシック音楽史|のとるたむかくは]]
[[de:Notre-Dame-Epoche]]
[[en:Notre Dame school]]
匿名利用者