「制御システム」の版間の差分

m
おかしなリンク修正
m (おかしなリンク修正)
[[マイクロコントローラ]]は安価であるため、[[組み込みシステム]]内にコンピュータとフィードバックループを備えた制御システムを実装するのが普通となっている。フィードバック制御は、コンピュータが定期的に測定を行い、その結果を用いて計算することでシミュレートされる([[デジタル信号処理]]など参照)。コンピュータは論理機器をエミュレートするため、スイッチ入力を調べ、その結果に基づいて論理関数を計算し、結果を電子的に制御可能なスイッチ群に送る。
 
論理システムとフィードバックコントローラは、[[プログラマブルロジックコントローラ]] (PLC) を使って実装されることが多い。その中にはコンピュータも内蔵されており、単純化されたプログラミングが可能である。一般に、PLC のプログラミングは外部の[[パーソナルコンピュータ]]上で行われる。ロジックコントローラは、かつては[[継電器|リレー]]や[[水理学|水圧]]機器や[[空圧]]機器で構成されたり、[[トランジスタ]]や[[真空管]]による[[電子回路]]でフィードバックコントローラを構築したりしていた。
 
== 関連項目 ==