「医療ソーシャルワーカー」の版間の差分

編集の要約なし
'''医療ソーシャルワーカー'''(いりょうそーしゃるわーかー、MSW:Medical Social Worker)とは、保健医療分野における[[ソーシャルワーカー]]であり、主に[[病院]]において『[[疾病]]を有する患者等が、地域や家庭において自立した生活を送ることができるよう、[[社会福祉]]の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整を援助し、社会復帰の促進を図る』専門職を指す。
 
医療ソーシャルワーカーについて規定した[[法律]]はなく、各所属機関における職名は統一されていない。「医療福祉相談員」、「医療社会事業司」、「医療社会事業専門員」、「医療社会事業士」などの名称(いずれも資格名ではない)が使用されている。
 
現在、病院等での採用に当たっては「[[社会福祉士]]」(社会福祉士及び介護福祉士法)もしくは「[[精神保健福祉士]]」(精神保健福祉士法)資格を持っていることが不可欠となっているが、無資格でも業務上は法律に抵触しないので無資格者も多数に存在する。
 
業務内容については、[[1958年]]に『保健所のおける医療社会事業の業務指針』に詳しく規定されている。[[病院]]、[[診療所]]、介護老人保健施設、精神障害者社会復帰施設、精神保健福祉センターなどの機関に配置されている医療ソーシャルワーカーについては、[[1989年]]に通知され、[[2002年]]に改訂された『医療ソーシャルワーカー業務指針』がある。これは、当事者団体はもちろんのこと、[[日本医師会|医師会]]、[[日本看護協会|看護協会]]などの関連団体での検討のもと作成され、厚生労働省局長通知として全国に通知されたものである。
 
それによると、主な業務は
 
*雑務
*各種苦情受付(トラブル対応)
*各入院病棟の転棟・転科調整
*療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
*受診・受療援助
*経済的問題の解決、調整援助
*地域活動 である。
 
 
==歴史==
匿名利用者