「アスペクト比」の版間の差分

編集の要約なし
'''アスペクト比'''または'''アスペクト・レシオ'''('''Aspect Ratio''')とは2次元形状の物の長辺と短辺の[[比率]]を指し示す言葉。使用される代表的な物は、映像、紙、航空機や鳥の翼の形状、[[MEMS|微細加工]]における穴径と深さなどである。長辺:短辺または短辺:長辺で表されるが、ここでは長辺:短辺で統一する。なお、テレビやデジタル関係では長辺:短辺(横縦比)で表されることが多いが、映画界では伝統的に短辺:長辺(縦横比)で表されることが多い。
 
また、'''[[ピクセル比]]'''はアスペクト比における影響によって扱うるピクセル比率の事である。
アスペクト比が”画角全体サイズの比率”を指すのに対してピクセル比は”構成される1ドット、または1画素に対する比率”を指す。
 
匿名利用者