「平成10年8月新潟豪雨」の版間の差分

 
== 概要 ==
4日未明から[[新潟県]][[下越地方]]や[[佐渡島|佐渡地方]]を中心に非常に激しい雨が降り、[[安田町 (新潟県)|安田町]]の宝珠山では4日の24時間降水量270ミリを観測した。また[[新潟市]]では24時間降水量265ミリを観測、[[1886年]](明治19年)の観測開始以来第1位の記録となった。このほか新潟市では排水機場のポンプが故障したこともあり、市内各所で浸水被害が相次いだ。この豪雨による浸水被害の約8割は新潟市内で発生している。市内主要道路も広範囲に渡り冠水し、都市機能は完全に麻痺した。また[[越後線]]の[[小針駅]] - [[寺尾駅]]間で線路路盤の一部が流出し、災害の後もしばらくの間徐行運転を余儀なくされた。
 
死者は[[岐阜県]]での1人を含め2人。住家被害は全壊3棟、半壊16棟、一部損壊18棟のほか、床上浸水2,560棟、床下浸水15,134棟。都市部を直撃したこともあり、浸水被害が非常に多かった。また山間部では土石流や地すべりが発生、甚大な被害を受けた。
匿名利用者