「大阪英語学校 (旧制)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''大阪英語学校'''(おおさかえいごがっこう)は、[[明治]]6年([[1873年]])2月初期、[[大阪府]]に設置された官立[[外国語学校 (明治初期)|外国語学校]]である。設立時の名称は「'''開明学校'''」(かいめいがっこう)であり、明治7年([[1874年]])12月、大阪英語学校と改称された。中等教育相当の機関で、[[第三高等学校 (旧制)|第三高等学校]]の前身である。
 
==沿革 概要 ==
[[明治]]6年([[1873年]])2月「'''開明学校'''」(かいめいがっこう)として設立され、明治7年([[1874年]])12月、大阪英語学校と改称された。中等教育相当の機関で、'''[[第三高等学校 (旧制)|第三高等学校]]'''の前身である。
大阪英語学校の源流は、[[明治]]2年([[1869年]])9月に明治新政府が設置した大阪府立の「'''洋学校'''」(大阪洋学校)であり、この学校では主として英語科が教授されたがのちに仏語科も設置された。翌明治3年([[1870年]])4月、大阪洋学校は理学校([[舎密局|大阪舎密局]]の後身)とともに[[大学校 (1869年)#大学南校|大学南校]]に移管され、同年10月には両校が統合されて「'''大阪開成所'''」が設立された。大阪開成所は語学に加えて理化学の教育も行うことになり、東京の大学南校と並ぶ西の洋学教育の拠点となったが、明治5年([[1872年]])8月には[[学制]]発布により「'''第四大学区第一番中学'''」に改編、舎密局以来の理化学教育は廃止された。
 
== 沿革 ==
=== 源流・前身 ===
大阪英語学校の源流は、[[明治]]2年([[1869年]])9月に明治新政府が設置した大阪府立の「'''洋学校'''」(大阪洋学校)であり、この学校では主として英語科が教授されたがのちに仏語科も設置された。翌明治3年([[1870年]])4月、大阪洋学校は理学校([[舎密局|大阪舎密局]]の後身)とともに[[大学校 (1869年)#大学南校|大学南校]]に移管され、同年10月には両校が統合されて「'''大阪開成所'''」が設立された。大阪開成所は語学に加えて理化学の教育も行うことになり、東京の大学南校と並ぶ西の洋学教育の拠点となったが、明治5年([[1872年]])8月には[[学制]]発布により「'''第四大学区第一番中学'''」に改編、舎密局以来の理化学教育は廃止された。
 
=== 官立外国語学校として ===
翌明治6年(1873年)2月、第四大学区第一番中学は同年4月の学制二編追加に先立って官立[[外国語学校 (明治初期)|外国語学校]]の一つである「'''開明学校'''」に転換され、[[通訳]]養成および高等教育機関進学の課程を担うことになった。翌明治7年(1874年)4月、開明学校は他の官立外国語学校に合わせて「'''大阪外国語学校'''」と改称、英語科教育二十点が置かれていたことから同年12月には「'''大阪英語学校''''」と再改称した。
 
=== 専門学校への転換 ===
[[西南戦争]]後の財政難により他の4英語学校が廃止をよぎなくされるなか、大阪英語学校は東京英語学校および[[東京外国語学校 (旧制)|東京外国語学校(旧外語)]]とともに官立校として事実上の存続を果たし、[[1879年]]4月[[大阪専門学校 (旧制)|大阪専門学校]](ここでいう「専門学校」は[[専門学校令]]による[[旧制専門学校]]とは異なる)に転換された。大阪専門学校はその後、官立大阪中学校([[1880年]])⇒大学分校([[1885年]])と改編を重ね、[[1886年]][[高等中学校|第三高等中学校]]([[1894年]]に[[第三高等学校 (旧制)|第三高等学校]]と改称)となった。
 
== 関連文献 ==
*金築修 「大阪開成所」 海後宗臣(監修) 『日本近代教育史事典』 [[平凡社]]、[[1971年]]
*池田哲郎 「大阪英語学校」 日蘭学会(編) 『洋学史事典』 [[雄松堂出版]]、[[1984年]]
*『京都大学百年史 総説編』第1巻 京都大学後援会、[[1998年]]
 
== 関連事項 ==
*[[舎密局]] - [[大阪専門学校 (旧制)]] - [[第三高等学校 (旧制)]]
*[[東京外国語学校 (旧制)]] - [[長崎英語学校 (旧制)]]
47,159

回編集