「ケスタ」の版間の差分

m
(推敲)
 
== 概要 ==
緩く傾斜し、交互に重なった硬軟の[[地層]]が差別侵食を受けた結果、形成された地形である。軟らかい地層が大きく浸食を受け、硬い地層がさほど浸食を受けなかった結果、形づくられた。緩斜面と急崖の組み合わせで構成される。急崖部は前面、緩斜面部は背面 (back slope) と呼ばれる。
 
軟らかい地層は浸食を受け、それらが取り除かれた部分は、浸食に対する抵抗度の大きい硬い地層が残り、背面の緩斜面が形成される。前面の急崖部は地層が侵食を受けている部分であり、軟らかい地層が浸食を受けるが上位の硬い地層の存在により急崖を形成した。
15,159

回編集