「バカゲー」の版間の差分

m
(→‎関連項目: (これだけ挙げるのは不自然))
 
== 由来 ==
{{独自研究S|section=1}}
 
初出は1992年、コンシューマーゲーム専門誌『[[BEEP!メガドライブ]]』の単発企画(後に「バヵ王」のコーナータイトルで連載)にて提唱されたもの。この時の定義は、ただ単に「バカなゲーム」である。コーナーでは大別して、妙な演出や奇抜な表現などで意図的にバカっぽくなる(笑いをとる)ように作られた「真性バカゲー」と、狙っていないのに笑えてしまう「仮性バカゲー」の2つに分類していた。