「Fiber distributed data interface」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: ro:FDDI)
編集の要約なし
{{IPstack}}
 
'''Fiber-distributed data interface''' ('''FDDI''') は、[[Local Area Network|LAN]] で[[データ]][[転送]]を行なうための標準である。データ長は4500[[オクテット]]、最大ネットワーク長は200km、最大ノード間距離は2000m、最大接続端末は500台である。 FDDI プロトコルは[[トークンリング]][[プロトコル]]をベースとして採用している。広大な地理的な地域をカバーすることに加えて、 FDDI による LAN は何千人ものユーザをサポートすることができる。標準的な構成として[[光ファイバー]]が使用される([[銅]]のケーブルを使用することも可能だが、その場合は [[CDDI]] となる)。 FDDI は二重リング構成になっており、[[トークンリング]]方式を使用する。
 
FDDI は [[ANSI|ANSI, 米国規格協会]] の X3-T9 が主になって標準化された。他のプロトコルを使用する LAN の[[OSI参照モデル]]に従う。 FDDI-II は FDDI の一種で、[[交換機]]のサービスをネットワークに加え、音声や[[ビデオ]]などマルチメディアを扱うことができる。 FDDI ネットワークとひろがりつつある [[Synchronous Optical Network]] SONET との接続が始まった。
49

回編集