「古生物」の版間の差分

({{Paleo-stub}})
有名な例として、保存の良い化石が多いことで知られる[[バージェス動物群]]の[[ハルキゲニア]]がある。全身が残ってはいたものの、各部にさして特徴がなく、どちらが前か、どちら上かも判断がつけにくく、対になった棘を足のようにして立ち、背中から触手を伸ばす動物として復元されたが、中国から類似の動物が発見されたことから、触手と考えたものが足で、棘は背面から上に突き出したものという風に、すべてが逆になってしまった。
 
また、断片のみが発見された例でも、やはりバージェス動物群の[[アノマロカリス]]は、[[]][[クラゲ]][[触手]][[エビ]](これが元来のアノマロカリス)、胴体は[[ナマコ]]と考えられ、別々に記載されていたというのがある。
 
== 関連項目 ==
28,698

回編集